本ページにはプロモーションが含まれています

マックの支払いをauペイとauウォレットどっちがお得?徹底検証!

マック

マック(マクドナルド)の支払いで、auペイもauウォレットカード(現在はauペイカード)も便利に使うことができます。

auペイとauウォレットでは、どちらがどう便利なのか、この記事で説明していきます。

この記事を読んでぜひ役立ててください。

 

auペイとauウォレットどっちがお得?

マックの利用方法には、店舗、モバイルオーダー、デリバリーがあります。

店舗での支払いではauペイカード(Quickペイ)が使用できます。

auペイはモバイルオーダーとデリバリー利用の支払いで使用できます。

マックの利用可能方法・支払い方法と使える決済方法は次の通りです。

【マクドナルドの支払い方法】

マクドナルドの支払いについては、様々な支払いに対応しています。

あなたに分かるように表にしてみました。

 

利用方法 支払い方法
店舗 ・店舗で注文・決済

・店舗で受け取り

・店内で食事

・テイクアウト

現金
電子マネー iD、楽天Edy、WAON、nanaco、QUICペイ
交通系電子マネー Kitaka、Suica、PASMO、ICOKA、toika、

manaca、SUGOKA、nimoca、はやかけん

クレジットカード

プリペイドカード

Visa、Mastercard、JCB、JCB PUREMO、アメリカンエクスプレス、ダイナースクラブカード、ディスカバー
マックカード マックの商品券
モバイルオーダー ・スマホやタブレットから注文・決済

・店舗で受け取り

・店内で食事

・テイクアウト

モバイル決済 PayPay、d払い、楽天ペイ、au PAY、LINE Pay、Apple Pay
クレジットカード Visa、Mastercard、JCB、ダイナースクラブカード
マックデリバリー

 

・スマホやタブレットから注文・決済

・宅配なので自宅や外出先で受け取り

現金
モバイル決済 PayPay、d払い、楽天ペイ、au PAY、LINE Pay、Apple Pay
クレジットカード Visa、Mastercard、JCB、ダイナースクラブカード

(参考 https://www.mcdonalds.co.jp/shop/payment/

 

auペイとはau PAYアプリ(旧auウォレット)から、かんたんな操作で使えるスマホ決済サービスです。

スマホだけで買い物ができ、お財布を持ち歩いたり、小銭を出したりという手間が省けて便利です。

auペイは、auユーザーでなくても、auIDの登録で使用することができます。

 

【auペイの特徴】

使い方 ・支払うときは、アプリのQRコードを見せて使う。

・オンライン上でauIDとパスワードで本人確認ができれば、auペイ支払いが可能。

・ポイントや現金をチャージして使う。

ポイントが貯まる ・auペイは、お買いものに対してのポイント還元や、スマホの利用料やauでんきなど、日々のau関連サービス利用でポイントが貯まる。

・Pontaポイント(ローソン)が貯まり使用できる。

・200円につき1ポイント貯まる。

 

auペイカード(旧auウォレットカード)はコンビニ・飲食店などのお店や、インターネットでのお買い物につかえるプリペイド式カードです。

auペイカードは、auユーザーでなくても、auIDの設定と銀行の登録で作成できます。

 

【auペイカードの特徴】

使い方 ・支払うときは、スマホでQuickペイ使用設定をし、Quickペイ支払いをする。

・オンライン上でauIDとパスワードで本人確認ができれば、auペイ支払いが可能。

・ポイントや現金をチャージして使う。

ポイントが貯まる ・auペイカードによる買い物でポイントが貯まる。auペイの特徴同様、au関連サービス利用や、ローソン、Ponta提携店舗やauPAY加盟店でauペイ支払いをするとポイント(100円につき1ポイント)が貯まる。

 

マックでauペイ支払い(auアプリで支払い)は店舗での支払いはできませんが、モバイルオーダーとデリバリーの支払いができます。

店舗ではauペイカード(auウォレット)によるQuickペイ支払いが可能です。

つまり、どちらもauペイによる支払いができるのですが、「アプリ」か「カード」かの違いがあります。

さて、「auペイとauウォレットどっちがお得か?」という設問の答えは、「どちらもお得」という答えになります。

ただし、auペイカード(auウォレットカード)支払いには、「カードを作る」「スマホでカードをQuickペイ支払い設定にする」ことが必要になります。

 

広告

マックの支払いでお得な方法とは?

便利なモバイルオーダー

並ばずに注文ができて、お店に到着してすぐに受け取れる、モバイルオーダーは知っておくと、より便利です。

お子さんがいて並んで買うのが心配なお母さん、時間が惜しいビジネスマンの方は、前もって注文して決済が終わっているので、すぐに受け取れるためおすすめです。

ドライブスルーの注文でもモバイルオーダーをしておくと、大変スムーズに受け取れます。

 

楽天ポイントとdポイントが貯まる

楽天ポイントとdポイントは、会計時にポイントカードまたはポイントのアプリの提示でポイントが貯まるサービスがあります。

auペイユーザーで、楽天ポイントやdポイントの利用があるなら、auポイントの他に楽天ポイントもしくはdポイントがダブルで貯まるので、お得です。

 

au ペイのメリット・デメリット

auペイ(auアプリ)のメリットは、チャージをしておくと、お財布を持ち歩かなくても使える電子マネーである点です。

マックではモバイルオーダーとマックデリバリーの支払いで利用できます。

auペイ(auアプリ)のデメリットは、店舗での支払いには使えないことです。

auペイを店舗での支払いでも使いたい場合は、auアプリではなく、カードを作ってQuickペイで支払う方法を使いましょう。

 

マックの支払いをauペイとauウォレットどっちがお得?まとめ

マックの支払いは、店舗ではauペイカードのQuickペイ、モバイルオーダーやデリバリーではauアプリで、auペイ支払いができます。

どちらも普段持ち歩いているスマホひとつでできるので、auペイカード(auウォレットカード)は作っておくと便利です。

自分はauユーザーで、Quickペイ(auウォレット)が主流でした。

アプリは後からできて、更に便利・簡単になった印象です。

Quickペイでは、支払い時にスマホから「本人確認」が求められますが、auアプリはアプリを開くだけで決済ができます。

前もって本人確認ができているのですごく簡単です。

auユーザーじゃなくても、アプリもカード取得もできるようになり、カード作成時には、入会特典があってかなりお得です。

auペイの利用やauペイカードの作成を検討している方はぜひ参考にしてください。

今回も、最後までお読みいただきありがとうございました、他の記事もぜひ読んでくださいね^^

 

広告