本ページにはプロモーションが含まれています

ユニクロのリサイクルボックス設置店舗と利用方法を徹底解説!

ユニクロ

ユニクロのリサイクルボックスが設置されている店舗とその利用方法、リサイクルのメリットについて詳しく解説します。

 

リサイクルボックスはどの店舗にもある?

ユニクロで買って、その後もう着なくなった服。

お店にあるリサイクルボックスに入れる事で誰かの役に立っているんです。

あなたには不要になった服でも必要な人たちにもう一度使ってもらえるんです!

全国のユニクロすべてのお店に「RE.UNIQLOリサイクルボックス」があります。

あなたも見たこともあると思います。

店舗により、入り口かレジ横、または試着室のそばなどに置かれていますね。

ただ、その中に入れる場合には注意点があります。

注意点

  • 支援先にきれいな状態で届けるために、洗濯が必要
  • 貴重品等が入らないように注意

シミや傷があるものも入れられます。

 

<あわせて読みたい>

ユニクロの回収ボックスに関してはこちらの記事もありますよ。よかったら参考にしてくださいね。

・ ユニクロ回収ボックスはエアリズムもOK!回収時の注意点や店舗!

 

広告

リサイクルボックスをお店に設置する目的

ユニクロの店舗にあるリサイクルボックスは、心温まる取り組みの一部です。

15年以上前から、大切にしていたけれどもう着ないユニクロの服!

世界中で服に困っている人々へと届けています。

30年前は、良いものを大切に長く使うという心のこもった価値観がありました。

しかし、時代とともにファストファッションが登場!

私たちのファッションスタイルも変わってきました。

ユニクロの第一号店は1984年にオープンし、その後どんどんと店舗が増えてきました。

彼らの商品は、シンプルでありながらも機能的で、私たちの日常にしっかりと寄り添ってくれます。

ユニクロは、環境を思いやる心から再生ペットボトルを使用したフリースを作ったりしています。

このようにユニクロは環境問題に真摯に取り組んでいます。

 

リサイクルボックスに集まった衣類の行方

売れ残った商品も大切に扱い、次のシーズンに持ち越すなど、廃棄を減らす努力をしています。

また、水を大切にしながらのジーンズ生産や、リサイクル素材の使用、そして困っている人々への支援も忘れずに行っています。

不要になった服は、UNHCRやNGO・NPOと協力をして、難民や避難民へと届けられます。

送り先の需要に合わせるために、気候や文化、宗教など分類分けし、必要なところに届けています。

機能的で動きやすい、また流行に左右されない服は、いつでも被災地などで役立つことでしょう。

シンプルで、機能的な素材を使用したユニクロの衣類は支援品としてふさわしいですね。

ユニクロの活動は、購入からリサイクルまで、心温まる活動に感じました。

<あわせて読んで下さいね>

回収ボックスの試みもさることながら、ユニクロはアルバイトで働きやすいと評判です。
気になるあなたは読んでみてくださいね。

・ ユニクロ アルバイトの口コミ 実際働いた「正直な意見」

 

リサイクルボックスのメリット

ユニクロの店舗にあるリサイクルボックスは、心からの思いやりを形にしたものです。

不要になったユニクロの服を入れ手下さい。

そうすれば世界中で温かい服を待っている人々のもとへと届けられます。

時々、このような取り組みに参加すると、お得なデジタルクーポンのプレゼントがあることも。

クローゼットをすっきりさせながら、新しいアイテムを手に入れル事ができます

さらには誰かの支援や環境保護にも貢献できるなんて、心が温かくなりますね。

ユニクロは、ファストファッションの時代を経ても、環境や私たちの心を大切にした製品作りを続けています。

公式サイトには、もしもの時のためのおすすめアイテムも紹介されていて、心強く感じます。

ユニクロの服は、長く愛用できるだけでなく、その後も誰かの役に立っているんですね。

私は直接ボランティアには参加できませんが、このボックスでの服の寄付で支援する事になります。

どの団体が支援を受けているかは公開されています。

それを見ると私の寄付が役立っている実感があり、無意識にニンマリとしてしまいました。

 

リサイクルボックスを利用するには

全店舗に置いてあるユニクロのリサイクルボックスに、ユニクロで買って着なくなった商品を入れます。

支援先に送るため、洗濯をしておくこと、貴重品が入っていないかポケットの中など確認!

傷やシミがあっても、大丈夫です。

リユースできない場合でも形を変えてりさいくるされます。

例えば、車に使う防音材、また高カロリー固形燃料に生まれ変わるための原料となります。

またダウンは、リサイクルした商品のダウンとフェザー100%で出来た新たなダウンウエアに再生。

服も資源の一つ、無駄にすることは避けたいものです。

環境を壊さない方法で作られたものを大切に着て、「着なくなったらリサイクルする」

そういうことが、外側だけではなく本当に素敵でカッコいいスタイルのある生き方だと思います。

20年前には「環境破壊」が大きな声で叫ばれていました。

今では、環境を守る考え方は当たり前になってきています。

自然と共に在るという意識をもって物を選ぶ時代かもしれません。

作り手の思いや買い手の考え方も時代に合わせて変化しているんですね。

 

ユニクロのリサイクルボックスのまとめ

ユニクロの店舗に優雅に置かれているリサイクルボックス!

私たちの小さな行動が大きな愛に変わる場所です。

そこに不要になったユニクロの服をく入レテ下さい。

すすればあなたが不要になった服は、遠く離れた場所で暖かい服を待ち望む人々のもとへ!

そしてまた、そこから新しいストーリーが始まります。

何だかロマンチックですね^^

時折、この愛のサイクルに参加すると、感謝の気持ちとしてデジタルクーポンのサプライズがあることも。

クローゼットを整理する楽しさと、新しいアイテムを手に入れるわくわく感!

そしてそれが誰かの支援や環境保護にも繋がるのは、とても心温まりますね。

ユニクロは、ファストファッションの波を乗り越え、環境や私たちの心を大切にした製品作りを続けています。

公式サイトには、もしもの時のためのおすすめアイテムも紹介されていますよね。

どれも私たちの日常や非常時に寄り添ってくれるアイテムばかり。

ユニクロの服は、長く愛用できるだけでは終わりません。

その後も誰かの役に立つ、そんな素敵なストーリーがあったんですね。

それは、私たち一人一人の選択が、世界中の誰かの笑顔に繋がることを思い出させてくれます。

今回も、最後までお読みいただきありがとうございました、他の記事もぜひ読んでくださいね^^

 

<あわせて読みたい>

ユニクロの回収ボックスに関してはこちらの記事もありますよ。よかったら参考にしてくださいね。

・ ユニクロ回収ボックスはエアリズムもOK!回収時の注意点や店舗!

 

広告