本ページにはプロモーションが含まれています

楽天モバイル即解約のペナルティ?4つの注意点情報総まとめ!

【PR】このサイトではアフィリエイト広告を利用しています。
楽天

楽天モバイルを即解約したいけれど、ペナルティが心配ではありませんか?

今は通信会社も多く、乗り換えのための解約も珍しくないです。

ですが、実は…気をつけておかないとブラックリスト入りの危険性もあります!

この記事を読んで、損しないようリスク回避をしましょう^^

 

即解約はアリ?考えられるペナルティ 

まず、結論から言うと即解約はできます^^

 

通信費は、今や必要経費ですよね。

通信会社も増え、更に条件の良いところに乗り換えるのも珍しくありません。

安くなるなら…と変えたものの、実際高かった(変わらなかった)

自宅(職場)の通信環境が悪い…なんて経験が私もあります。

 

 

 

楽天モバイルの通信速度は、賛否両論です。

自分の生活圏内での通信環境によるようです(^_^;)

 

料金もライバル会社が増え、各自で選択できるようになりましたよね。

 

こういった意味では、情報社会なので「調べる」「行動する」というのが節約の第1歩なのかもしれませんね。

 

ペナルティはあるの?

 

解約=身近になっていますが、即解約に伴う大きなペナルティはありません!!!

ですが、

 

① 解約金

以前は、2年以内に解約すると解約金が発生したのを覚えていますか?

 

私も昔はこの料金が気になって、なかなか乗り換えもできなかったのですが…

2019年に法改正があり、最大1,000円まで規制されるようになっています^^

 

大手キャリアでも撤廃され、今は気軽に乗換ができるようになっています。

 

もちろん、楽天モバイルでも発生しません!!

 

ただ、すべての携帯会社に当てはまっているわけではないので、乗換検討中の方は契約時に確認しておくのがお勧めです。

とても助かりますよね!

 

② キャンペーン目的の契約でもOK

楽天では時期によっては、様々なキャンペーンがあります。

 

 

 

ポイントが貰える物や、スマホが1円で購入できたり…など
大盤振る舞いなものも多数あります。

 

これに乗っかってお試しで契約したという人も多いです^^

 

楽天ユーザーなら、更にポイントUPも狙えます♪

 

中には最初からポイント目的で契約…なんて人も。

 

③ 悪質と判断されたら危険!

やはり、短期契約を何度も繰り返したり

たくさんの回線を持っていると、ブラックリスト入りされる危険性も…。

 

 

ですが、1回の即解約でブラックになってなかった人もいれば、なった人もいるようです。

今までの信用状況なども関係するのかもしれませんが…

これらは頭に入れておくのが良いかもしれません。

 

こういった転売目的で、複数契約する人もいます。

ブラックにのってしまうと、他社での契約にも影響が出ます。

リスクも大きいので、こちらはおすすめしません。

 

この危険と判断する線引きが、難しいなと感じました(^_^;)

 

未払いがあったり、不安な人は1年間は置いておくのが安心かもしれないですね。

 

広告

        

 

 

 

広告

損しないための気になるポイント4つと注意点 

いざ解約するとなっても、できるだけお得にしたいですよね^^

そんなときに注意しておきたいポイントをいくつか紹介します。

 

① 解約のタイミングに注意!

 

実は、15日が締め日の設定になっています。

月末までに…と油断していると、もう1ヶ月分の請求が来てしまうのです。

ここが落とし穴です!

絶対に忘れないようにしましょう。

 

手続きは、オンライン・店舗どちらでもOKです^^

楽天モバイル店舗

 

② オプション料金にも注意!

月途中での解約は、オプション料金が日割り計算になるものがあります。

(かけ放題などは、日割りの対象外です。)

 

・スマホの交換補償

・故障紛失補償 with AppleCare Services

この2つは、特に個別で解約が必要なので注意してくださいね。

③ スマホの端末

即解約したとしても、端末は手元に残ります^^

返却の義務も没収なんてことも、ありません。

 

ですが端末の分割料金が残っている場合は、解約後も継続されます。

一括で返さないと解約できない…なんてことはないので安心です。

 

④ SIMカードの返却

解約時に、必要なくなったSIMカードを返却・破棄と選べます。

 

以前は返却が必要でしたが、今はどちらでもOK

 

郵送料は自己負担です。

 

少し面倒にも感じますが…店頭での返却はできません(^_^;)

なので、個人で処理する人が多いかなと感じます。

 

ただそのまま捨てるのは危険です!!

シュレッダー・はさみで切ってから破棄しましょうね!!

 

SIMカードには、様々な情報がはいっています。

なので、処理が不安な人は返却も検討してみると良いと思います^^

返却先
〒143-0006
東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F
楽天モバイル RSIM回収係

 

解約した人の口コミ

解約した人の口コミを見てみます^^

 

 

 

 

通信環境に満足していなかった人は、解約できてよかったという声が多かったです。

 

 

来店無しで解約できるのって、魅力的ですよね^^

 

 

ただし、このように解約に手間がかかったという声も一定数ありました。

 

ネットだと、こういった問題は解消するのですが…
万が一もありますので解約は時間に余裕を持ってするのが良さそうです。

 

 

 

楽天ユーザーだと、ポイントバックが大きいのでちょっと迷いますよね〜。

 

口コミを見ていても、サブ持ちで利用している人も多く見ました。

私も、以前2台持ちしていた時期もありますが…
だんだんと面倒になって、今は1台のみです(笑)

管理が上手な人・お得なことが好きな人は、上手に使ってお得に使いこなせそうですね。

 

楽天モバイル即解約のペナルティ?4つの注意点情報のまとめ

よく目にする「楽天モバイル」

最近は格安スマホも増え、よりお得に使いたい・通信料金を抑えたい!という人も多いでしょう。

 

ですが、解約の時に注意したい点もあります。

 

・タイミングによっては損してしまう

・オプションの解約手続き

・端末の残高 など…解約の前に確認しておきましょう。

 

即解約のペナルティは無いのですが…

・何度も短期で解約
・複数の回線を持っている

・料金未払いが残っている など

気になる点がある人は、ブラックリスト入りのリスクもあります。

 

何度も繰り返すのはリスクもあるので注意しましょう。

 

最近は通信会社も増え、解約にかかる料金や2年間の縛りなども無くなり…

手軽にキャリアを選択しやすくなりました。

 

自分に合ったプラン・通信環境・知名度・店舗の有無など
色々な条件で選んでいる人も多いです。

なので、以前より「解約」というのが身近になっていますね。

 

自分に合ったキャリアでお得に使用したいですね^^

今回も、最後までお読みいただきありがとうございました、他の記事もぜひ読んでくださいね^^

 

広告

        

広告