本ページにはプロモーションが含まれています

楽天モバイル 解約 タイミングは?損をしない締め日は?違約金は?

【PR】このサイトではアフィリエイト広告を利用しています。
楽天

あなたは楽天モバイルの早期解約や解約のタイミングって気になりませんか?

実は、損をしないタイミングというのがあります。

それは「締め日の設定」があるためです。

この記事では損をしない解約のタイミングや、注意点について紹介!

記事を読み、損せずに安心して解約の手続きをしましょう。

 

解約のタイミングで違約金は発生するか?

楽天モバイルは最低利用期間の設定はなく、違約金も発生しないです。

これは、6月1日からスタートした新しいプラン「Rakuten最強プラン」に適応になっています。

従来の「Rakuten UN-LIMIT VII」は順次こちらの内容に移行となります。

その他の料金体系やキャンペーン等については基本的に新規受付はしていません!

これから新規申込する場合は、現時点では、契約解除料が発生するものは存在しません。

安心ですね。

ただ、解約する月は使用データ量に対する月額価格が掛かってしまうので、そこは頭の片隅に置いておきたいです。

例えば最終月は3GB内の利用に留め、最低価格で思い立ったその時に解約できたら最高ですね!

解約を考える時、違約金は気になるポイントですよね。

楽天モバイルは違約金が発生しないので、安心して解約手続きができます。

ただし、解約月の使用データ量に応じた料金はかかるので、その点をお忘れなく。

 

広告

解約のベストタイミングはいつ?締め日は?

いつでも契約解除ができるため、ベストタイミングを気にしなくて大丈夫!

そのため最短で解約できるように締め日を意識したいです。

解約の締め日は毎月15日!

その日までに申込をすれば、月末の解約となります。

16日より先になってしまうと、次月の末日の解約となります。

最後の月の請求は、当月のデータ量に対する月額価格となるため、損は最小限に!

 

電話番号をそのまま引き継げる便利な「MNP転出」の場合は、基本的に転出先の回線開通日が解約日になります。

MNP予約番号を楽天モバイルで発行後、有効期限内に対応!

MNP予約番号の有効期限は発行日を含め15日間。

期限を過ぎたら、再度無料で番号を取得できるのでご安心。

つまり、解約したい月の15日までにMNP予約番号の発行から、次の携帯会社で利用開始申込をする点が大切!

ちなみに、21年4月1日から総務省が改正した「MNPガイドライン」の適用により、MNP転出手数料は無料になっています。

解約を考えるタイミングの例もみておきましょう。

  • 楽天モバイルのお得なキャンペーンが終了、内容変更により損が生じた
  • 他社キャリアのお得なキャンペーン等の開始
  • 機種代金などが全て払い済み

解約する際は、15日までに手続きをする!という点がポイント。

 

広告

   

 

解約の際に注意すること

解約の際に気をつけるべき点をまとめておきます。

  • 締め日は毎月15日

解約締め日は毎月15日までです。

16日を過ぎてしまうと次月の月末の解約になります。

それまでのデータ量に対する月額が丸々かかるなんて避けたいところ。

締め日を跨がないように!

 

  • 解約する必要があるオプションプランがある

回線と別で解約の対応をしなければならないオプションがあるので忘れないでください!

解約したはずなのに請求がくる・・・といった問い合わせが多く見受けられるそう、、

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」、「故障紛失保証 with AppleCare Services」、「あんしん保証with AppleCare Services for Apple Watch」、「スマホ交換保証プラス」は、別で解約してください。

これらは日割りの精算となります。

こちらも一緒に対応をしちゃいましょう。

オプションの中でも「国際通話かけ放題」、「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」は日割り計算とならず、月額料金になるため用心です。

 

  • SIMカードは各地域の分別方法を確認して処分する

金銭にまつわる内容ではありませんが、SIMカードの返し方について規約に変更が多く、心配に思います。

いざ乗り換えようと思った時に返し方が決まっていると、困りますよね。

23年現在は、SIMカードを返さなくても罰金は科されません!

あなた自身で破棄の対応をしてくださいね。

SIMカードには個人情報がパンのパンに入っているので、個人的に破棄する場合は十分に気をつけましょう。

捨てるのに困る場合は、普通郵便で送る方法も可能です。(店舗で引き取ってはもらえないです。)

 

郵送先はこちら↓

〒143-0006 東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F楽天モバイル RSIM回収係

全国一律63円の送料は自己負担です。

毎月15日までに申込、オプションプランも一緒に解約、SIMカードは返す必要はないという3つを押さえて、損なく安心して解約ができますね。

解約手続きは意外と簡単です。

でも、オプションプランの解約も忘れずに。

そして、SIMカードの返却は不要ですが、個人情報の保護のため、適切に処分しましょう。

安全・安心の解約を目指して、一緒に頑張りましょう。

 

楽天モバイル 解約のタイミングと注意すべきオプションとは?まとめ

楽天モバイルは早期解約や解約のタイミングによって違約金が発生するのではないかと心配になりますよね。

実は、最低利用期間もなく、違約金もありません!

そのためベストタイミングはなく、解約したいと思った時に何の制約もなく解約できるのが特徴です。

SIMカードの返却も現在は義務ではない点も制約がなく安心です。

注意したいことは、解約の締め日が毎月15日であるためその日までにwebやアプリで申込を済ませることです。

また回線だけでなく一緒にオプションの解約を行わないと日割りで料金が請求されてしまうことになります。

余計な出費は出来る限り避けたいですよね。

楽天モバイルは無駄なお金を支払うことなくやめられます!

さらに少々細かいですが、ポイントを押さえれば、損なく安心して解約できます。

今回も、最後までお読みいただきありがとうございました、他の記事もぜひ読んでくださいね^^

 

広告

   

 

広告