イオン冷凍食品専門店おすすめメニュー ピカールも購入できる!?

【PR】このサイトではアフィリエイト広告を利用しています。
イオン

イオンの冷凍食品専門店「@FROZEN」にはおすすめ商品が満載です。

おうち時間の強い味方ですね、品目数はなんと1,500品目。

イチオシの商品は何か気になりますよね?

探ってみましょう。

 

イオン冷凍食品専門店、取扱品目は?

イオン冷凍食品専門店、「@FROZEN」は、売り場が3つに分かれているのが特徴です。

・「Eat」

・「Heat」

・「Cook」

こうすることによって、様々なシーンでの消費者の需要を獲得するのが狙いです。

では、具体的にどんな商品があるのでしょうか、見ていきましょう。

広告

生ゴミの悪臭成分を99.84%除去します。

業界の課題を解決し「臭わない」「手間がない」「音がない」を実現。

生ゴミを入れても中身がほとんど増えないので、 取り出す手間が省けます。

あなたも、週2回の生ごみを捨てるストレスや雨の日の生ごみ捨てからから解放!


 

「Eat」ではピカールの人気スイーツが販売

「Eat」では、人気のスイーツも販売されています。

カヌレやマカロンなどの本格スイーツを、解凍するだけで手軽に楽しむことができます。

賞味期限の短い生菓子をその都度買いに行かずに常備しておけるのはポイント高いですね。

 

「Heat」で有名店の監修メニュー買える

「Heat」では、有名店の監修メニューを取り揃えています。

例えば「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」の人気メニューや「ERIC SOUTH」監修の「チキンカレー」などです。

専門店のメニューが手軽に自宅で楽しめるのは嬉しいですよね。

 

「Cook」のミールキットは日常使いに最適

「Cook」では、日常使いのミールキットなどを取り扱っています。

具材をたれと合わせて凍ったまま炒めるだけで1品が完成するので、忙しい人には持ってこいですね。

その他、肉やシーフードなども幅広く取り入れています。

商品ジャンルが多種多様なのでポイント高いです。

 

 

広告

イオン冷凍食品専門店で人気な冷凍食品BEST10

イオン冷凍食品専門店@FROZENでは、多種多様な冷凍食品が販売されています。

人気料理店監修商品や、イオンが既に展開している海外のアイテム、人気スイーツなど盛りだくさん! 多くの有名なお店の味が今日からあなたの食卓で味わえます。

人気のある冷凍食品にはどういう物があるのでしょうか?

最近の冷凍食品は昔と比べクオリティも非常に高く、自分で作るよりも美味しい、自分ではなかなか作ることができない物も食べることができると言うことから、人気が集中しています。

 

以下に人気の冷凍食品10選をピックアップしました。

 

@FROZENのBEST10

・「俺のフレンチ」で大人気の「牛ホホ肉の赤ワイン煮込み」

・Z’sMENU(ジーズメニュー)の「明洞で食べた参鶏湯」

・「ガトー・ド・ボワイヤージュ」カヌレ

・ERICK SOUTH(エリック サウス) エリックチキンカレー

・SVILA(スヴィラ)マルゲリータ ピッツア

・芝寿し笹蒸寿し

・ガトー・ド・ボワイヤージュ カヌレ

・エビアン コーヒー 神戸元町 珈琲ロール

・銀座伴助 縞ほっけ開き干し

・「Picard(ピカール)」4種類のマカロン

 

イオン冷凍食品専門店、オープンの理由

イオンの冷凍食品専門店が「イオンスタイル新浦安MONA(千葉県浦安市)」で「@FROZEN(アットフローズン)」が開業しました。

イオンが冷凍食品専門店をオープンした背景として以下のことが挙げられます。

コロナ感染症拡大の影響で、外食が減り、家で調理する自炊の食事スタイルが定着したこと。

その一方で、長引くおうち時間により、冷凍食品や出来合いのお総菜を使うことで、消費者が手軽さとクオリティの高さを求めるようになったことが挙げられます。

イオンは元々冷凍食品の技術が高く、それが最大の強みと言っていいほど。

「@FROZEN」のネーミングからも、それが伝わってきます。

冷凍食品といえばここというお店を目指すという意味と「アッ!」と驚くような冷凍食品という、2つの意味がこめられています。

 

広告

生ゴミの悪臭成分を99.84%除去します。

業界の課題を解決し「臭わない」「手間がない」「音がない」を実現。

生ゴミを入れても中身がほとんど増えないので、 取り出す手間が省けます。

あなたも、週2回の生ごみを捨てるストレスや雨の日の生ごみ捨てからから解放!


 

イオン冷凍食品専門店のコンセプトとは

イオン冷凍食品専門店@FROZENのコンセプトは、「世界各国の有名なお店の味が自宅にいながら味わえる」こと。

売場は「朝食」「ランチ」「ディナー」「おつまみ」「おつまみ」の5つのシーンを想定しており、品目数は1500品目で国内最大級です。

新型コロナウイルス禍において外食の機会が減っている今、食材を買って帰り自宅で調理して食べたり、弁当などを持ち帰って食べる「家食」が定着しています。

この消費者の行動をイオンでは「一過性のブームではない新たな市場」と言う見方のようです。

最近はイオンに限らず様々な会社が急速冷凍技術を活用し、自動販売機を使った販路拡大に踏み出している小売店や企業が増えています。

これらはすべて冷凍食品の需要の高まりを受けた結果でしょう。

銀座でも老舗の「銀座松屋」も新型コロナ禍による冷凍食品の高める需要に対して素早く対応しています。

8月31日には冷凍食品売り場を新設すると発表されました。

「銀座松屋」では銀座の名店や、格付け本の「ミシュランガイド」に掲載されているお店のメニューなどを再現した商品も取り揃えることで、イオンとの差別化を図ろうとしています。

イオンではすでに取り扱っている冷凍食品の他に冷凍食品専門店を他のスーパーに先駆けて今回いち早く出店したことになります。

 

イオンが冷凍食品の専門店開業まとめ

イオンの冷凍食品専門店「@FROZEN」は、コロナ渦の消費者のニーズに応えてくれる正に今が旬のお店です。

イオンの高い冷凍技術を使ったクオリティの高い冷凍食品を数多く取り揃えています。

その数はなんと1500品目!売り場は「Heat」、「Eat」、「Cook」に分かれ、それぞれ専門店の本格メニュー、銘店スイーツ、デイリー使いの便利な冷凍食材を取り揃えています。

売り場が広く、肉やシーフードなど、料理の具材から、有名店の監修メニューや本格料理まで取り揃えており、アトラクション感満載です。

コロナ渦で行動が制限される中、自分でなかなか作ることの出来ない、お店クオリティの食事ができるのはうれしいことですよね。

イオンの冷凍食品専門店は、美味しくて手軽に出来る料理で、日々の豊かさと買い物の楽しさの両方を満たしてくれること間違いないです。

今はまだ千葉県の「イオンスタイル新浦安MONA(千葉県浦安市)」だけですが、今後はさらなる拡大も図っています。

「@FROZEN」の店舗展開が今後増えることを切に願います。

まずは、イオンスタイル新浦安MONAが近場にある方は、訪れてみてはいかがでしょうか。

きっと期待に応えてくれるはずですよ。

そしてあなたのお住いの近くのイオンでも冷凍食品専門店ができることを心待ちにしてください。

今回も、最後までお読みいただきありがとうございました、他の記事もぜひ読んでくださいね^^

 

広告

生ゴミの悪臭成分を99.84%除去します。

業界の課題を解決し「臭わない」「手間がない」「音がない」を実現。

生ゴミを入れても中身がほとんど増えないので、 取り出す手間が省けます。

あなたも、週2回の生ごみを捨てるストレスや雨の日の生ごみ捨てからから解放!


 

広告